マニモタ グリップスティック
2,520円
型番 MM
購入数

90%以上のメージャーリーガーが愛用し、日本でプレーする元メジャーリーガーも「これでなければダメ」と言い切るバット用の滑り止め、それがマニモタスティックです。
数多く存在する滑り止めの中で、メジャーリーガーが「マニモタでなければダメ」という意味は使ってみればすぐにわかります。
多くの日本プロ球団もスプレータイプからマニモタへとどんどん切り替わって来ています。
マニモタ以外に滑り止めは無い、日本でもそのように言われる日はもうすぐです。
マニモタスティックの取り扱いを始めたのは阪神タイガース様からのご依頼からでした。
「マニモタスティックを取り寄せてもらいたい」という1本の電話からです。当時の阪神タイガースの用具担当の方から「マニーモーターって分かりますか?」という電話が入り、そこから調査を開始しました。あらゆるつてを使い、たどりついたのがモタ選手でした。モタ選手の父もメジャーリーグで活躍していた有名な選手でした。マニー・モタ選手は引退後、強力な滑り止めを作るための研究を開始し、マニモタスティック発売へとなったのです。 探し始めた頃はまったくと言っていいほど情報がなく、まさに秘密のベールに隠されていました。
それもそのはず、メジャーリーグ球団以外への販売は禁止されていたのです。アイスポーツでも5年ほど前から扱ってはいましたが、一般販売は行いませんでした。それもやはりマニモタとの取り決めで「プロ球団以外へは販売できない」というものがあったからです。 マニモタスティックが見つかるまでの間、様々なスティックタイプの滑り止めをサンプルとして送りましたが、いずれの製品も却下されました。 ある方の助けを得て最終的にマニモタスティックへとたどり着く事ができましたが、それというのも阪神タイガースからの強い要望があったからこそなのです。
なぜ阪神タイガースが、そしてメジャーリーガーがそこまでマニモタスティックにこだわるのでしょうか? 答えはとてもとても簡単なものでした。マニモタスティックは松ヤニ成分を使っていません。現在、国内外に存在するバット用滑り止めは100%が松ヤニを主成分としています。しかしマニモタスティックは松ヤニ以上に強力なグリップ力を持つ成分を使っているのです。これが理由のすべてでした。
スプレー式などとは比較にならないくらいの強力なグリップを得られるのですから、どうしてもマニモタスティックがほしくなります。 マニモタスティックが優れているのはグリップ力だけではありません。コストパフォーマンスが非常に優れている事も特長です。スプレー式の場合、どうしてもバットへは付着せず大気へと流れてしまう無駄が生じます。しかしマニモタスティックは塗り付けるタイプのため無駄が一切発生しません。しかも他社製品のスティックタイプよりもはるかにグリップ力が強いため、使う量もわずかで大丈夫です。 2520円と、一見しただけでは高いように見えますが、耐久性などを考慮しますと、次のようなことになります。1本800円のスプレー式が5試合でなくなってしまうのに対してマニモタスティックは25試合使えます。つまり1試合単価で計算するとスプレー式が160円に対してマニモタスティックは100円ということなのです。倍まではいきませんが、倍近い経済性があることもマニモタスティックの魅力です。
使い方は至って簡単です。外側の紙を向いてマニモタスティック本体が露出するようにします。それをバットのグリップ部にゴリゴリとこするつけるだけです。
 注意事項:夏場の車のトランクなどに置かないようにしてください。
※パッケージはほぼ毎回変わったりします。内容は変わりませんのでご容赦ください。
この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM