プロヒッター
1,260円
型番 PH
購入数
カラー
›› オプションの価格詳細はコチラ

本来は名前が示すとおり、打撃時の衝撃から手を守るために開発されたものでした。 ところがプロヒッターを使うと、無理な力を入れなくても自然に正しいグリップが得られることにメジャーリーガーたちは気づき始めました。正しい握り方は指の第二関節を中心にするということ。ところが、そのためには指先にギュッと力を入れなければならないという問題が残ります。余計な力はバットコントロールを乱すことはみなさんご存じの通りです。
 そこでプロヒッターが効果を発揮するのです。
 少し脱線してグリップについてお話しをしましょう。みなさん、金槌で釘をたたくとき、どのように握るでしょうか?普段バットを握るのと同じように握りますか?きっと違うと思います。手のひらを中心に握るのではなく、指の第3関節を中心に握るのではないでしょうか?釘をたたくということはコントロールが必要になるわけです。 手のひらで握っていては、そのコントロールがうまくできないのです。
 そして今度は別の実験です。バットを握るように、握りこぶしを作ってください。
そしてバットスイングの要領で手首を動かしてください。次に指の第3関節を中心に手首を動かしてください。手首の動く角度に違いが見られませんか?普通であれば、指を中心に握った方が手首の動く角度は大きくなると思います。  以上のことから導き出せる結論としては「より正確にバットコントロールができる」だけでなく「手首の可動範囲が広がることでインパクトの瞬間にヘッドの回転速度が上がるため、打球の速度と飛距離がアップする」ということです。
簡単に言うとプロヒッターを装着しただけで指先に余計な力をいれることなく、正確で、ヘッドスピードを上げることができる、というわけです。
  この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM